RFP


RFP(提案依頼書)作成のすすめ

 

スムーズにプロジェクトを進めるために、 RFP(提案依頼書)の作成をおすすめします。

 

適切なRFPが重要な理由

 

ベンダーはRFPにより、開発するシステムの設計や見積りをする。
つまり対象(要求定義)が十分に理解できる内容でなくてはならない。


ベンダー丸投げ

 

  • まとまった規模のシステム導入は頻繁にあるわけではない。民間企業では未経験者が多い。RFPに係わる経験が少ない
  • 初期段階で自社のニーズに合致した提案にならず、説明を繰り返すことになり、費用と時間がかかる。

高コスト:ベンダーは受注後のトラブル発生リスクが大きいことを予想してその費用を上乗せする。

 

システム一式

 

  • 検討が十分に行われず、情報に関する社内熟度が未熟な為、各ステークホルダーの合意が得られにくく進展しない
  • 実行フェーズでのスケジュールがタイトなのは上流工程で時間を使いすぎたツケが下流工程に回されたということ。

高コスト:自社に最適なシステムを導入する為には、実際の開発契約を前提とせずに「RFPの作成まで」を独立して契約するべき。


適切なRFP

 

  • ベンダーは顧客の成熟度が高いことを察してその評価に耐えられるよう、十分検討した提案を出してくれる
  • 適切な提案が得られれば、打ち合わせも円滑になり、短期間で適切なシステム開発仕様書が作成できる。

低リスク:共通認識化でd、システム開発でのトラブルが少なくなり、期待した費用・納期・品質が達成される確立が高くなる