ピッキングシステム(DPS,PPS)


システムの概要

 

ピッキングシステムとは、生産工場で指示伝票に従って部品を集めることです。

人手で行う作業なので、部品の取り間違いや個数間違いなどのニアミスが多く作業効率が悪いため、

このシステムを導入することで、労働者負担を軽減しサポートするための情報処理システムの1つです。

 


機器構成

 

DPS:Digital Picking System

 

 

 

DPSでは、作業者はボタンの光った棚から表示器の指示数に従ってピッキングします。

 


 

PPS:Projection Picking System

 

 

 

PPSでは、作業者は光った引き出しよりメッセージ表示板に表示された指示数をピッキングし、さらにカートにて画像判定処理を行うので、より正確にピッキング作業を行えます。

 


導入のメリット

 

作業時間が短くなる

 

伝票読み、商品探し、ピッキング、伝票の再確認、伝票消しこみチェック → ピッキングのみとなるため、以前より短時間で作業を完了することができます。

 

ミスが無くなる

 

システム管理のため、作業者は表示器の指示数に従ってピッキング作業を行うだけなので、伝票や指示書への記入作業、現物確認による照合作業が不要となり、人為的なミスが発生することが無くなります。

 

誰でもできる

 

商品の知識も無く保管場所についても把握していない人でも、経験値に左右されず、誰でも簡単・正確にピッキングができます。そのため、初心者への教育にかかる時間などが短縮できます。

また、従来の作業に慣れていた人たちでも、ピッキングシステムは簡単でシンプルな作業となるため、すぐに対応することができます。

 

作業者の人員が少なく済む

 

リストを用いたピッキングでは、一人がリストを読み上げもう一人がピッキングを行っていたことが、ピッキングシステムの導入により、一人でピッキングを行うだけになるため、人件費の削減に役立ちます。